Movable Type 5.01 へのアップグレードメモ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

このサイトは、Movable Type 4.27 ですが、他に運営しているサイトを、Movable Type 5.01 へアップグレードしました。その際の注意点を備忘録として書き記します。

アップグレードの注意点

具体的な方法は、Movable Type 5 ドキュメンを読んでいただくとして、基本的な手順はこれまでのアップグレードと同じです。ただし、いくつかの注意点があります。

  1. Movable Type 5.0 の変更点、注意事項、および既知の問題 | Movable Type 5 ドキュメントに記載の通り、mt-config.cgi に DefaultLanguage の記述がない場合は、"DefaultLanguage ja" を追記しないと、インストール画面が英語になったり、ダッシュボードでのテンプレート名が英語表記になったりします。
  2. 同じく、Movable Type 5.0の内部処理は、PublishCharsetによらず必ずUTF-8でおこなわれます。外部のサイトからフィードを取得するプラグインなどは、UTF-8へのエンコード、デコード処理が必要になります。このため、Feeds.App Liteで外部のフィードを取得するときに、文字化けすることがあります。

前述の2については、Feeds.App Liteを使ってBBSのFeedを表示させていたので、見事に文字化けしました。これを回避するため、jsRSS.cgiを利用した方法に変更しました。

プラグインの対応状況

前述の光陽マーリンズ Websiteではほとんどのプラグインが問題なくつかえましたが、対応バージョンが出ていないものでも、利用者による暫定対応版やTipsが紹介されていたので掲載します。

  1. Google Sitemapsへの更新通知を自動化するMovableTypeプラグイン:MTGoogleSitemapsPingは、Vicuna :: トピックを表示 - mt.Vicuna Simple 2.3を公開しましたに修正版についての情報があります。

    Vicuna :: トピックを表示 - mt.Vicuna Simple 2.3を公開しました

    Sitemap XMLテンプレートの追加
    GoogleやYahooにクロールされる為の、SiteMap 0.9(XML)ファイルのテンプレートを追加しました。
    一般的に見かける sitemap.xml では、カテゴリーアーカイブや月別アーカイブも記述されている為、検索された時に同じ情報が複数URlに表示され、LandingPageがバラけてしまう事になると考えます。その為この中に記述されるファイルは、メインインデックス・ブログ記事・ウェブページ・アーカイブインデックス(アーカイブインデックスは削除した方が良いのかもしれません)のみとし、ブログ記事とウェブページの重みを大きく設定しています。
    MTGoogleSitemapsPingを併用する事により、作成されたサイトマップファイルをクロールしてもらうよう、Googleに更新Pingを打つ事が可能になります。
    私が試した範囲では、MTGoogleSitemapsPingはMT5環境では動作しませんでした。
    GoogleSitemapsPing - oscar's CODEに、私のMT5環境で動作するMTGoogleSitemapsPingプラグインを公開しています。
    修正済みプラグインダウンロード
    MTGoogleSitemapsPingプラグインをインストールする事により、自動的にGoogleへの更新Ping機能が有効になります。

    /HA oscar WolaWola

  2. Custom Editor Button 2のMT5でポケットボタンが表示されない対処法は、MT:Custom Editor Button 2の小技をいくつかに対処方法が掲載されていました。

    MT:Custom Editor Button 2の小技をいくつか « maRkのMyOwn

    その5.MT5でポケットボタンが表示されない対処

    MT5(b1)で四次元ポケットが表示されていないのを確認しました。実際は表示されているのですが、スタイルの位置が原因で表示されていないように見えるというものです。

    具体的にはCustomEditorButton2.pmファイルの最後のほうのスタイルシートの箇所で、div#ceb-containerと、div#ceb-boxに対するwidthプロパティの指定をコメントアウトすれば表示されるようになりました。

このサイトでも、Movable Type 5.01 へのアップグレードを検討していますが、プラグインのいくつかが未対応なので、状況を見守っています。今のところ懸案は、

  1. リアルタイム再構築を利用してページ分割で利用する、ページ分割プラグイン(DivPages_1_10
  2. MT4iと連携した携帯サイトの構築で利用する、I18N Helper Plugin

です。

ページ分割は他の手段もありますが、2のI18N Helper Pluginは他に代替手段がないので困っています。MT5・プラグインの皆さん動いてますか - WolaWolaにヒントがあったので、時間があれば取り組んでみたいと思います。

【2010-01-15 追記】
MT5・プラグインの皆さん動いてますか - WolaWola では、I18N Helper 0.10については、「MT::I18N::encode_text」とかが、無くなってるみたいです。名前が変わったのかな?「encode_text_encode」とかにすればいいのかも。となっていましたが、5.01で動作確認できました。
【2010-01-28 追記】
MT4i3.1 alpha2 は、ロリポップ・チカッパでは、Movaable Type 5.01でEncode.pmがらみでエラーがでるようですが、SAKURAでは動作確認できました。
【2010-02-08 追記】
ページ分割プラグインについては、MT5対応版が公開されました。Perl版ダイナミックパブリッシング用ページ分割プラグイン(MT5対応版)
【2010-03-20 追記】
MT4i3.1 alpha3 は、ロリポップ・チカッパででのEncode.pmがらみでエラーがでる問題が修正されています。これで一安心。