News

ライオンズクラブでアルミ缶分別

  • 鋪田博紀
カテゴリ:

分別作業

10月11日(木)、富山神通ライオンズクラブ(廣田勉会長)の恒例行事となった、アルミ缶分別に参加しました。

これは、アルミ缶やアルミプルタブを分別回収し、リサイクル業者さんに買い上げていただき、その収益で車椅子などを寄付しようと始めたものです。昨年は、高志養護学校や富山市の施設などに寄付をしたほか、上市南加積小学校の6年生の事業にも協力しました。

工事現場や、自動販売機のゴミ箱から、手でアルミ缶、スチール缶、ペットボトル、ビンを分別する作業は大変(特に匂い!)です。

もちろん大々的に行うことはリサイクル業者さんの縄張りを荒らすことになりますので細々としたものですが、自分たちで身体をかけて分別に取り組むことで、リサイクルの重要性と困難さを理解することができるでしょう。

ダウンロード

先頭へ