News

12月議会が開会

  • 鋪田博紀
カテゴリ:

富山市議会平成21年12月定例会が開会しました。

予算規模は、一般会計で約9億169万円となり、可決されれば累計で一般会計は約1,607億1,328万円となります。

森市長の提案理由の説明後、平成21年度12月末の期末手当に関する条例制定(表1.、表2.参照)などの、私たち議員を含む給与の引き下げや、市職員の勤務時間短縮などについての議案が先に審査され、共産党を除く各会派の賛成により可決されました。

表1.平成21年12月の期末手当等に関する条例(改定前)
区分期末手当勤勉手当
一般職員1.6月0.75月2.35月
特定幹部職員(部次長級以上)1.4月0.95月2.35月
再任用職員0.85月0.4月1.25月
表2.平成21年12月の期末手当等に関する条例(改定後)
区分期末手当勤勉手当
一般職員1.5月0.7月2.2月
特定幹部職員1.25月0.95月2.2月
再任用職員0.8月0.4月1.2月

今回自民党としては、市長の提案理由説明にもあった

行政刷新会議における事業仕分けにおいては、下水道事業や、まちづくり交付金事業などが地方移管とされたものの、財源や制度の詳細が明確にされておらず、地方自治体の行財政運営への影響が懸念されます。

という点をふまえ、地方分権のあり方などについて論戦がなされると思います。なお、議案概要書と提案理由説明は、次のリンクからご覧いただけます。

ダウンロード

先頭へ