ブログ

参議院選挙公示!

  • 鋪田博紀

街頭に立つ堂故茂候補
街頭に立つ堂故茂候補

7月4日の今日、第25回参議院議員通常選挙が公示され選挙戦が始まりました。富山県選挙区では堂故茂候補も街頭で第一声をあげました。

トランプ大統領のTwitter外交にみられるように、国際政治・経済が目まぐるしく動くなか、まずは国内政治を安定させ、数字や言葉を一人歩きさせ不安や対立を煽る国会論戦に終止符を打ち、与野党ともに落ち着いた議論ができる環境を作る必要があります。

そうしなければ現場で苦しみ政治の手を差し伸べなければならない国民が取り残されてしまうだけです。

与党は安倍首相一強と呼ばれ、あたかも自民党から批判する声を封じているかのように言われていますが、堂故茂候補のように金融庁の報告書を受け取らなかった政府の対応に注文をつけたりすることも出来る、自由闊達な議論が保証されているのが自民党です。

街宣車から訴える堂故候補
街宣車から訴える堂故候補

ながく氷見市長として手腕を発揮され、地方の現場を一番よく知る国会議員のひとりです。学校のエアコン設置についても、現場からの声を聴き、早くから支援してくださいました。

市民の一番身近なところに市町村議員がいて、県議会議員がいて、現場をよく知る国会議員がいて、それぞれが連携しながら、議論しながら政治を進める。そういうことを大切にされていることから、『ふるさとに根っこがある、人づくり国づくり』というスローガンを掲げ活動してきた堂故茂候補へのご支援よろしくお願いいたします。

ダウンロード

先頭へ