ブログ

成人式の意義

  • 鋪田博紀

恩師を囲む会
恩師を囲む会

あけましておめでとうございます。

1月3日は光陽校区の成人式でした。

ドッジのメンバーと(撮影:永森一則さん)
ドッジのメンバーと(撮影:永森一則さん)

私といえば

地域の一員として、自治振興会の皆さん、町内会の皆さん、各種団体の皆さんみんなで企画や運営に参加しています。

私の受け持ちは、挨拶などをする成人者を決めたり、式典後にB.G.Mがわりに放映するスライドショーを作成したり、市議会議員として祝辞を述べたり等々...

祝辞については、児童クラブ、ドッジボール、獅子舞、ゲストティーチャー、町内会等で関わる子供も多いので、顔ぶれを見ながら若干変アレンジを加えますが、話を聴く成人者にとっては一度きりのなので、話の中身は毎年同じにしています。

簡単に紹介すると...

今日の成人式の主催者は光陽校区自治振興会です。ところで皆さんは自治振興会に加入した覚えはありますか?ないはずです。入学式や卒業式はこれから所属する。或いは、所属していた学校が主催しますが、この成人式は加入した覚えのない会の人たちが主催してくれる不思議な式典です。

でも、主催者席に並んでいる自治振興会の皆さん、町内会の皆さん、各種団体の皆さんの顔を見ると、知っている人もたくさんいますよね。これまで子供だった皆さんを見守ってきました皆さんです。そんな地域の方が見守られてきた側から見守る側へと変わる。つまり自分谷の仲間に加わってくれることをお祝いすることが成人式なのです。

と言った内容です。

成人式に対する私の思いそのものですので、毎年同じ話になります。

最近は成人者だけではなく家族の参加も多く、恩師を囲む会と言いながら、保護者が先生方と久し振りに懇談するなどして、PTAやスポーツチームの保護者同士の同窓会的な要素もありました。

これはこれで、地域で開催する成人式としては意味あることだと考えます。

もともと戦後まもなく行われるようになった比較的新しい行事ですので、昔はこうだったとか、本来の意義はこうだとか言わず、参加者それぞれが意味を見出してくれればよい。私たち地域がそのような場面を提供する。それでよいのだと思います。

ダウンロード

先頭へ