ブログ

成人式も今年は違う様式で

  • 鋪田博紀

小学校思い出の品々
小学校思い出の品々

あけましておめでとうございます。令和三年がいよしよ始まりました。

元旦は地元町内の神社で懇親会なしの歳旦祭、二日はお寺の新年会がなくなったので兄弟家族での新年会のみ、三日の光陽校区の成人式はいつもの小学校体育館ではなく、とやま自遊館で開催。しかも成人式後の自治振興会の新年会は今年は中止。これまで参加してきた年末年始の忘年・新年会はすべて中止という異例の年末年始となりました。

会場の様子
会場の様子

各地で成人式の開催が見送られる中で、光陽校区成人式は恩師を囲む会などの懇親行事を省略して開催しました。いつもの小学校体育館では設営時の感染リスクがあることや、当日の感染リスクを少しでも減らすために、様々な装備やノウハウがある、とやま自遊館に会場を移すことになりました。

また、家族の会場内への入場もお断りし、来賓挨拶は一名の代表挨拶に変更。恩師を囲む会については飲食の提供をしない懇談会を予定していましたが、首都圏での感染状況などを考慮し、担任の先生お一人お一人のスピーチタイムに変更しました。式典と写真撮影だけでは味気ないですからね。

新成人の中で直接かかわった参加者は、獅子舞の仲間が一名だけでしたが、先生方のスピーチを伺って、学習発表会や10周年記念事業に向けての総合学習などで学校に関わったことを懐かしく思い出しました。

これはこれでよい設えだと思いました。様々な行事が、様式の変更を迫られていますが、工夫次第で面白いことが出来るのかもしれません。

ダウンロード

先頭へ