ブログ

はじめてのヴィンテージギター、ヤマハN-1000

ヤマハN-1000
ヤマハN-1000

はじめてヴィンテージギターを購入しました。

特徴的なヘッド
特徴的なヘッド

ヴィンテージギターといってもマーチンやギブソンではなく、ヤマハのフォークギターでN-1000というモデルです。「時代」という曲のジャケット写真や、「わかれうた」(夜のヒットスタジオ?)、「この空を飛べたら」(ミュージックフェア?)など数少ないテレビ出演で弾いていたこともあり、通称中島みゆきモデルとも言われていますが、厳密なシグネイチャーモデルではないようです。

N-1000は、1975年ごろから1983年ごろまでのごく短い期間だけ製造されていたモデルで、1979年ころまでに製造されたものを前期型と呼び、トップ材はスプルース(松)単板、サイドはハカランダ合板、バックはハカランダ合板の3ピース、指板・ブリッジはエボニー、ペグはTM40Gとのことです。

バックはハカランダ3ピース
バックはハカランダ3ピース

それ以降に製造されたものは後期型といわれ、サイドがパリサンドル単板、バックはパリサンドル単板の2ピースに変更されていて、両方の所有者によれば、ネックの幅や形状とヘッドも若干異なるようです。

サイドはハカランダ
サイドはハカランダ

なにせ、およそ45年前のギターなので、写真のとおりサイドには白濁があるうえバインディングとの間には段差があったり、トップもピックガードの交換跡がくっきりあったり、打痕もボディやネック裏などかなりありますが、このギターが歩んだ足跡みたいなものです。

特徴的なブリッジ
特徴的なブリッジ

それでもヘッドやペグなどは年式にしては綺麗で、フレットも打ち直してあったのでとても弾きやすいギターです。ピックアップを取り付けて、そのうちライブデビューさせたいですね。

参考までに当時のカタログ(1978年2月)に掲載された主要緒元を掲載します。

胴型ヤマハオリジナルウエスタンタイプ
弦長651mm
表板スプルース単板
裏/側板ハカランダ(裏側3ピース)
アフリカンマホガニー
指板/下駒黒檀
糸巻TM40G(プラスチックつまみトルク調整付き・ゴールド)
弦長D'ANGELICO(ミディアムゲージ)
棹反り修正アジャスティングロッド付き

ダウンロード

先頭へ